ライフホーム「みみトク通信」

ライフホームならではの住まいや暮らしの便利情報、季節の話題などをお届けします。

視力を低下させないために ②

視力が下がるのは血流不足も大きな原因。

 

目や目の周辺には毛細血管が

複雑に張り巡らされているため

血液が滞りやすい部分なのです。

 

特に近くを見続けていると

筋肉が硬くなり

ピント機能の働きが急激に弱まります。

 

目の筋肉疲労

血流不足

目の酷使を続けると

視力が落ち、

将来的には

白内障も考えられます。

ドキッ!としてしまいます。

 

 

悪くなれば眼鏡をかければよい

そんな意識を少し変えて

視力。

自分の目を守りましょう。

 

今回は生活編です。

 

1:目のトレーニングをしよう

近くのものと、遠くのものを交互に見る。

目をあちこちに動かして

ピントをあちこちに動かしましょう。

顔は動かさず

目だけをキョロキョロと動かします。

 

2:パソコンの休憩はまめに

1時間に一回はとりましょう。

 

3:ゴールデンタイムの睡眠ははずさない

午後10時から午前2時。

からだの修復を促す

成長ホルモンが分泌される時間帯です。

この時間に睡眠をとれば

自律神経も整い目の健康にも最適。

 

4:目のまわりをやさしくマッサージ

目のまわりの血流をよくしましょう。

軽いタッチで。

リラックス効果もあります。

 

5:両目を平等に使う

寝ころんで本を読んだり、

スマホをかまったりしてませんか。

寝ころんだことで

効き目だけで文字を追っているはず。

左右の視力に差が出てしまいます。

テレビを斜めに見てる人も

きっとガチャ目になっているはずです。

 

6:たまには裸眼で過ごしましょう

たまには裸眼で過ごす事で

目がよく見えていない意識を持つ事が

大切です。

目を酷使しないための良い時間です。

少し目を大切にする気持ちになれます。

 

ダイエットなど

もとの自分に戻そうとがんばろうとは

思っても

あまり視力を取り戻そうとは

多くの人は思いません。

 

でも

もし

ほんの少しの努力で

面倒なめがねやコンタクトがとれたら

ありがたいですよね。

とれなくても

目の疲れが取れるだけでも

ありがたいですよね。

一生つきあっていく大切な目。

酷使せず

上手に使って

加齢などに

負けない目を目指しましょう。


バックナンバー

株式会社ライフホーム

本社・松本店
長野県松本市
村井町北2丁目15番8号
FreeDial 0120-114-002
Tel 0263-57-7211

会社概要 松本店のご案内

資料のご請求 お問い合せ

ライフホーム社長日記