ライフホーム「みみトク通信」

ライフホームならではの住まいや暮らしの便利情報、季節の話題などをお届けします。

夏こそ上手に使おう。冷蔵庫。

 

とれたての野菜がとても美味しい季節ですね。

旬のものは栄養満点!(^-^)

トマト、とうもろこし、きゅうり、いんげん  et cetera

近所からいっぱい野菜をいただいて

使いきれなくて無駄にしちゃった~って

ことのないように大切に保存したいものです。

 

旬の野菜の保存方法

 

なす

新聞紙・ポリ袋に入れて野菜室で保存

レタス

ポリ袋に入れて冷蔵室で保存

きゅうり

そのまま冷蔵すると低温傷害でじきに痛んでしまいます。

湿った新聞紙に包みポリ袋に入れて

野菜室で保存しましょう。

牛乳パックを使って包んでも効果的。

トウモロコシ・枝豆

味が落ちてしまうので

一度茹でて冷蔵庫に保存。

トマト・メロン

食べごろになってから野菜室へ。

未熟なメロンやトマトは冷蔵するとそれ以上は

熟しません。

常温で熟したものを

食べる数時間前に冷やしましょう。

小松菜・ほうれん草

新聞紙に包んで立てて保存。

かぼちゃ

切ったものはスプーンで種をとり

ラップに包んで野菜室へ

 

汚れやすい野菜室には

底に新聞紙か古いカレンダー。

スペースに合わせた折りたたんで

敷いておくと掃除はパッと捨てて

ひいておしまい!

もうひとつは

冷凍庫の使い方に

毎日は献立が楽になります。

 

冷蔵庫は詰めすぎると

冷却効率が悪くなります。

冷凍庫はかなりたくさん入れても大丈夫です。

ただ常温のものを入れる時は

まわりのも温度が上がるので注意しましょう。

 

急速冷蔵のコツ

①食品は一回で使いきる分にわけるてパック

②薄く平たい形でまとめる

③密閉容器は金属製のほうが早く冷える

④金属のトレイにのせるだけでも効果あり

 

スーパーなどの肉パックは

発砲スチロールのトレイをはずして

ラップとポリ袋。

空気をよく抜いて冷凍。

 

 

油を含むもの

たとえばとんかつの冷凍。

衣をつけたままで冷凍するより

揚げたあとで冷凍したほうが

ずっと使いやすく便利です。

 

アルミホイルで包んでからポリ袋に入れて冷凍。

てんぷらも同様です。

光と空気を遮断して油の酸化を防ぎます。

 

 

揚げたて、出来たて

が楽しめます。

 

冷凍の向かないもの

じゃがいもです。

カレーを冷凍する時は

じゃがいもだけは食べ切ってからにしましょう。

 

ごはん、ジャガイモ抜いたカレー、とんかつ。

解凍とレンジで簡単夕食(^-^)

 

夏こそ上手に冷蔵庫をつかいましょう。


バックナンバー

株式会社ライフホーム

本社・松本店
長野県松本市
村井町北2丁目15番8号
FreeDial 0120-114-002
Tel 0263-57-7211

会社概要 松本店のご案内

資料のご請求 お問い合せ

ライフホーム社長日記