ライフホーム「みみトク通信」

ライフホームならではの住まいや暮らしの便利情報、季節の話題などをお届けします。

生活の音、気になりますか

5月。

小鳥のさえずり。

小学校のチャイム。

いろんな音が私達の耳に毎日入ってきます。

もうすぐ梅雨の季節になったら

雨音。

そんな音ばかりなら

心地よいのですが(^-^)

そうでもないようです。

 

外部との遮音性は

サッシがポイントです。

 

身近な音の強さとは

 

デジベル※dB

0dB・・・耳に聞こえる最小限度

20dB・・・木の葉の触れあう音

30dB・・・人のささやき声

40dB・・・図書館の室内

ここまでは静かな音です。

 

60dB・・・普通の話し声

70dB・・・騒がしいオフィスやレストラン

80dB・・・電車の車内や繁華街の交差点

100dB・・・電車のガード下

120db・・・ジェット機の離陸

 

サッシの遮音性にはJIS規格による等級が

設けられています。

0~25dBには普通のサッシ

25~30dBには一般的なサッシ

30~35dBには

召合わせやクレセント部分の隙間を改良したものを使う。

40dB以上は二重サッシを内外2重に設置。

テレビでもいろんなサッシのCM。

サッシの使い方で随分と変わってきます。

 

音は外部と限るわけではありません。

家の中の音を気にされる方もいらっしゃいます。

 

2世帯住宅をつくる時

プライバシーは重要になります。

 

内部では

部屋の位置関係がポイントになります。

 

2階のトイレ。

真夜中のトイレの音が下に響きわたらないように

排水管に

遮音シートとして3mm厚のシートを巻くのがよいでしょう。

音の問題については

2世帯住宅の一階が親世帯

2階が子世帯という場合は

寝室や水回りのゾーニングを

なるべく上下で一致がよいです。

 

 

水回りと居間が隣り合う場合は

間切り壁の石膏ボートを2重にしたりして

内部に遮音に気をつけましょう。

家を建てる側でも

知っているといないでは違います。

 

生活の音。

 

家族で気持ちよく暮らすためにも

音は大切です。


バックナンバー

株式会社ライフホーム

本社・松本店
長野県松本市
村井町北2丁目15番8号
FreeDial 0120-114-002
Tel 0263-57-7211

会社概要 松本店のご案内

資料のご請求 お問い合せ

ライフホーム社長日記