ライフホーム「みみトク通信」

ライフホームならではの住まいや暮らしの便利情報、季節の話題などをお届けします。

家族全員で災害対策

熊本地震。

平和な1日を一瞬で壊してしまう地震。

そんな地震を気が遠くなるほど

受けてしまった熊本。

 

東北からは今度は助ける番とばかりに

そして

日本中各方面からまた世界からも

支援・心配・励ましが熊本に

届き続いています。

本当に

日本はひとつの家族なんだと

思わずにいられません。

 

 

 

災害はいつ

自分や家族、大切な人が

遭遇するか

わかりません。

 

家族で災害時の

会議をしてみましょう。

 

1:家のなかの危険度チェック

 

家のなかに危ない箇所がないか

全員で確認しましょう。

そして一番安全な場所を決めておきましょう。

 

2:ライフラインの復旧までに

家族で生きていくための備蓄品を用意しておく

 

家族でチェックしておき

備品の賞味期限などのものは

整理してまた補充をしましょう。

子供達に係をつけて

任せるのもよいですね。(確認は親とします)

 

3:家族同士でいくつもの

連絡方法をつくっておく

 

携帯やスマホ

今の時代は簡単に連絡ができます。

ただ

通信網の寸断でも

状況に応じた対応を考えておく必要があります。

小さなお子さんのランドセルに

メモとして

親携帯、自宅固定電話はもちろん

災害用伝言ダイヤル(171)

使い方も書いておくとよいです。

また

遠方の親せきや知人の連絡先は

被災地内では電話できなくても

離れたエリアへはつながりやすい時もあります。

伝言板の役目を果たしてもらえます。

171には

無料体験もあるようなので

お子さんと一緒に利用してみてはいかがでしょう。

 

4:災害時の集合場所を二か所決めておく

 

大きな災害の場合、川が氾濫、土砂崩れ

など、一つの場所はより危険になる可能性もあります。

二か所決めておくほうがよいでしょう。

 

家族で地震対策や

災害時の対応を決めておきましょう。

なにもしてないのと

家族で会議しているのでは

大きく違ってます。

大切な家族を守る。

それは

家族全員で力をあわせる

がベストですね。


バックナンバー

株式会社ライフホーム

本社・松本店
長野県松本市
村井町北2丁目15番8号
FreeDial 0120-114-002
Tel 0263-57-7211

会社概要 松本店のご案内

資料のご請求 お問い合せ

ライフホーム社長日記