ライフホーム「みみトク通信」

ライフホームならではの住まいや暮らしの便利情報、季節の話題などをお届けします。

太陽のめぐみ

すっかり、秋の景色。

陽だまりの恋しい季節になりました。

 

私達のからだは

毎日、適度な日光を浴びる事で

ビタミンDが生成されてます。

 

ビタミンDは

骨や筋肉を強化する以外にも

さまざまな病気や予防に効果があります。

そして

ビタミンDの不足によって

免疫力が弱まり

風邪やインフルエンザなど

感染症のリスクが高くなります。

 

なぜ最近の若い女性に

ビタミンD不足が多いかというと

紫外線はお肌に悪い、

美肌でいたいためUVケアは万全。

食生活が欧米化してしまい

ビタミンDを多く含む魚や煮干しなど

なかなか摂取してないことも原因です。

 

 

紫外線を浴びると体内で

ビタミンDが活性化します。

 

ビタミンDをきちんと摂っている人は

高血圧や心疾患、脳卒中、糖尿病など

さまざまな生活習慣病にかかりにくく

認知症予防にも有効のようです。

 

ビタミンDの血中濃度が低いと

冬季ウツにもなりやすいので

天気の良い日は少し

散歩もよいですね。

 

両手の甲ほどの面積

一日15分程日光にあてれば

食事からの摂取量と合わせて

充分なビタミンDが体内で

生成されます。

週に3回、1日15分

日焼け止めなしで肌の3~4割

さらすだけでもOKです。

また自然光の差し込む窓辺でも

効果は期待できます。

 

日陰でも30分ほどでも

必要なビタミンDはちゃんと

つくられます。

夜シフト制のお仕事で

日中、外に出る機会のないひとは

少しだけでも陽に当りましょう。

 

 

食べ物では

しらす干しやいわしの丸干しなど

紅鮭、いくら、かわはぎ。

ほかにも

きくらげ、煮干しなどです。

また干ししいたけにも多く含まれます。

 

ビタミン過剰症については

食べ物での過剰摂取はほとんどなく

サプリメントでの摂りすぎには

くれぐれも気をつけましょう。

 

 

もちろん

老化防止には

紫外線は避けたほうがいいでしょうが

ほどほどに日光に当たるのも大切です。

 

 

あまりに美容に気を使いすぎて

健康を損ねることのないようにしましょう。


バックナンバー

株式会社ライフホーム

本社・松本店
長野県松本市
村井町北2丁目15番8号
FreeDial 0120-114-002
Tel 0263-57-7211

会社概要 松本店のご案内

資料のご請求 お問い合せ

ライフホーム社長日記